上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nanotec1.jpg

発売以来(3年程前でしょうか)、ずっと吸い続けてきたナノテック1が最近新パッケージに変わりました。

これまで、他にはないコンパクトなサイズと1mgとは思えないしっかりとした吸い応えにとても満足して

いたので他の煙草には手を出しませんでした。


コンビニでライター付きで売っていた新ナノテック買ってみました。

キャッチフレーズは、「低タール、極まる」さらに深い味わいへ。・・・・・

もっと美味くなったのかと期待しつつさっそく1本吸ってみました。

ところが、一服二服吸ってみると、んん? かなりの違和感を感じます。

深いどころか浅くなったような、進化というより退化したような、そんな印象です。

おまけに後味に、旧タイプにはなかったへんな酸味が残ります。

がっかりしつつも、吸っているうちに慣れてくるのかと思い継続して吸ってみましたが、

やっぱり私には合わないという結論に達しました。

パッケージなんていくら変わってもいいんですが、味が落ちたとなるとあれこれ考えてしまい

メーカーへの不信感が募ります。

一応発売元へ問い合わせてみましたが、「ブレンドは変えてないんですけど・・・」との答でした。

もう新タイプは吸う気が無くなったので、とりあえずまだ残っていた旧タイプを探して吸っていました。

ある小売店に買いに行った時、おばちゃんの話では旧タイプを買いに来るお客さんが多いとの事でした。

また家の近所の販売機ではまだ旧タイプが出ていたのですが、翌日買いに行ったら

ナノテックだけ売り切れになっていました。

私のまわりにはナノテックを吸っている知り合いがいないので、直接感想を聞く機会はありませんでしたが、

この二つの出来事から、私だけではないなと思いました。


どなたか新ナノテックの感想を聞かせていただければ幸いです。

というわけで、これを機会に煙草なんてやめてしまおうかとも思いましたがそこまでの決心はつかず

他の煙草を探す事にしました。

あれこれ試しましたが最終的に決まったのがこの煙草です。


natural amerikan spirit


ナチュラル・アメリカン・スピリット、通称アメスピです。


正直今まではまったく知らない銘柄でした。

この煙草に行き着くまでに3銘柄程試したのですが、どれもしっくりこなくて、次はどれを

試そうかとネットで探しているうちに「無添加、無香料」が

キャッチフレーズのアメスピに目がとまりました。

個人的に「無添加」と言う言葉に弱い私は迷うことなくこの煙草を試して

見ることにしました。

アメスピの紙巻は全部で7種類ありますが、1mgはなかったので

一番軽いウルトラライトに決めました。

タール3mg/ニコチン0.4mgです。

無添加・無香料の煙草として名は通っていますが、シェアは低いらしく

取扱店は少ないです。幸い近所の小売店に置いてあり、販売機にも入っていました。

早速一箱買って来て試してみました。

煙草葉が他社製品比25%増量と謳ってあるだけあって、くわえると唇にずっしりとした

重量感が伝わってきます。実際に他社の煙草と比べると葉がぎっしり詰まっているのが

よく分かります。

さて喫味の方は、干し草を連想させる素朴な香りとまろやかな甘味が

口の中に広がります。 辛味はほとんど感じません。1mgより上の煙草を吸うのは久しぶりなのですが、

きつい感覚はまったくなくマイルドです。また、後味はすっきりしていて

ほのかな甘味が残ります。

素直にとても美味しいと思いました。 

燃焼促進剤は巻紙に少量使っているだけなので火がつきにくく、途中で消える

こともあるとの説明がホームページに載っていましたが、それほどの事もなく

最後まで静かに燃えてくれました。

ただ一本の燃焼時間はとても長く、吸い終わるまで

6~7分位かかります。これは燃焼促進剤の少なさよりもぎっしり詰まった

煙草葉の密度によるところが大きいと思います。

価格は1箱460円で少し高いですが、少なく見積もっても100sサイズの1.5倍は吸えるので、

1箱30本入と思えばかなりのお得感があります。

それよりなにより、美味いと言う事実が決め手になりました。

ただ少し困ったのは、ゆっくりと時間をかけて吸いたい煙草なので

仕事の合間などにせかせかと吸うのは不向きだという点でした。

でもすぐに解決しました。仕事中や時間に余裕がない時は吸わなければ

いいのだと気付いたからからです。

最初は多少つらさがありましたがすぐに慣れました。

朝食後に1本、昼休みに1本、帰宅して寝るまでに3~4本という感じです。

以前は一日20本近く吸っていたのでかなりの節煙になりました。


新ナノテックにはがっかりした私ですが、これをきっかけに美味い煙草」に

巡り会い、災い転じて福?となった次第です。



最後にあれこれ試した煙草の感想を書いておきます。



mild seven stileone
        マイルドセブン・スタイルプラス・ワン

ジーンズのポケットに入れてもかさばらない超コンパクトサイズに

すっかり慣れてしまっていたので、まずは同じサイズのこの煙草を

試してみました。

さすが人気の銘柄だけあって、くせのない爽やかな味で

これでいいかなとも思ったんですが、妙に甘ったるい香りに

どうにも馴染めずボツになりました。フィルターのデザインもダサイし. . . .





cabin1.jpg
          キャビン・ワン・テイスティ・100’s・ボックス

キャビンは以前(20年位前)に1本もらって吸った時に美味かった

記憶があったので試してみました。

味は.......うーん.............なんか線香くさい。

でも1箱吸い終わる頃には慣れてきて気にならなくなりましたが、

なんとなくおやじくさいのでボツ。 (おやじだろーが!!)





winston1.jpg
   ウィンストン・ウルトラワン・100’s・ボックス

400円です。デザインがかっこいいので買ってみました。

この煙草は . . . .すごいです。

イメージ的には、無味無臭です。吸い始めにほのかに薬品臭さがあり

後はほとんど味も香りもありません。

「1mgなんて煙草を作ったらこうなるんだよ。こんなハンパな煙草

吸ってんだったらやめちまえ!」と開き直られているような気がします。

味をつけるための香料などが入っていないと思われ、むしろ好感が持てます。

飲み会とか惰性で吸いたい時にまた買ってみようと思います。



                                以上。


























































スポンサーサイト
テーマ:雑記
ジャンル:日記
            ジャムレポ<10>


 梅が出回ってきたので待望の梅ジャムに挑戦です。

 南紅梅、特売で1キロ¥499で売っていたのでさっそく

 買って来ました。

           

               今回の材料

       
           1、南紅梅 1K

           2、グラニュー糖300g



               

               作り方


 梅ジャム

アク抜きのため鍋にたっぷりの水を入れ一晩寝かせます。

水を取り替え加熱します。


梅ジャム4

沸騰する前に火を止め、再び水を取り替え加熱します。

これを3回繰り返します。もし身崩れした様なら2回でもいいです。




次に種を取ります。酸が強いのでビニール製のグローブをはめて

作業する事をお勧めします。

皮を入れるとどうしても苦味がでるので嫌な人はここで取り除いて下さい。

ちなみに苦味は食べ慣れてくると気にならなくなります。




続いて梅肉を裏漉しします。

梅ジャム6

根気よく丁寧に濾して下さい。仕上がりがとてもなめらかになります。




濾しあがった梅肉です。

梅ジャム5

実が小粒だったのと、皮を取り除いたせいで

かなり目減りして1Kが300g位になってしまいました。

まあ、ここまで来ればあとは砂糖を加えて加熱するだけです。

加熱時間は15分、砂糖は300g入れたので糖度は

約50%位でしょうか。



梅ジャム7

出来上がりです。


梅ジャム作りはかなり手間がかかりますが、

その分美味しさはひとしおです。

毎年、必ず作ってみたいジャムのひとつです。





ブラックベリー 

ブラック あぶ

 6月に入ってブラックべりーの花が満開になりました。

 と思っていたら、あっという間に花が散って

 かわいい実が顔を出しました。
 



ブラック 


 この時期になるとなんとなくワクワクします。

 ブラックベリージャムの味を思い出しつつ

 夏の到来を感じる今日この頃です。


ジャムレポ8であんこを作ったのですが、小豆の量が200gだった

もので少し物足りなく感じ、再度作ってみました。


あんこ

小豆の量は500g。保存ビン大小合わせて6本分出来ました。

ビンに保存する関係で、今回は煮あがった小豆を搾らずに

やや水分を多めに仕上げました。

主にトーストにつけて食べていますが (えーっという方も

いるかも知れませんが・・・・)、たくさんあるので

あんこを使って何かおやつでも作ってみようと思い立ちました。

たい焼きでも作れればぴったりなのですがあいにく型がありません。

何かないかなーとあれこれ考えていると・・・・ありました!

これです。


たこ焼き器

見てのとおりたこ焼き器ですが、これにたい焼きの生地を流し込み

たい焼きならぬあんこ焼きを作ってみる事にしました。




             材料



     1、薄力粉           100g

     2、ベーキングパウダー   小さじ1

     3、卵              1個

     4、牛乳             120CC

     5、練乳             少々

     6、砂糖             30g

     7、あんこ            100g


             作り方


 ① 薄力粉にベーキングパウダーを加え軽く混ぜ合わせます。

 ② ボールに溶いた卵、練乳、砂糖を入れよく混ぜ合わせます。

 ②に①を振り入れ練り込まずに混ぜます。

 面倒ならホットケーキミックスを使えば手っ取り早いと思います。

 生地が出来たら後は焼くだけです。

 
 焼くのは簡単だと思ってぃたのですが、たこ焼きの生地と違って

 膨らんでくるので最初は失敗しました。

 結局、生地を2つの型に半分づつ流し込みあんこを入れ、

 軽く焼けたら合わせて1つにする方法に落ち着きました。

 
 2.jpg

 焼き上がりはこんな感じです。

あんこ焼き

 30個程出来ました。 

 味見してみるとあんこの量が足りないと思いました。

 スプーンであんこを加えていた為、入れすぎると

 あんこが生地からはみだしてしまうので、

 知らず知らず少なめになっていたようです。

 今度作る機会があれば、固めのあんこであらかじめ

 あんこ玉を用意しておこうと思います。

 
 学校から帰ってきた子供たちに食べさせたら

 ばくばく食べてくれたので、それなりに作った甲斐はありました。 

 



 






 


 



 

 

 

          ジャムレポ<9>



今回は、身近な果物、一年中手に入るバナナに挑戦です。

バナナは去年ダイエットで話題になり、一時期は品切れ状態に

なる程の売れ行きでしたが今は落ち着いていますね。^^

私はダイエットとは関係なくバナナが大好きで、朝食には必ず

一本食べています。

ただジャムにするとなるとどうかな?という気持ちはありました。

家族に作る事を告げると「えーっ」と言う反応が返ってきました。

でも作られた方のページなどを見るととても美味しいとの意見が

多いようです。

百聞は一見に過ぎず、さっそく作ってみる事にしました。





          今回の材料



      1、バナナ        400g(4本)

      2、グラニュー糖   200g

      3、レモン汁      大 4分の3

      4、水         50CC

               

 バナナスライス

 
 完熟したバナナを使いました。

 スライスはお好みでいいと思います。

 鍋に入れ砂糖をふりかけしばらく寝かせましたが

 水分はほとんど出ません。

 水を50CC加え火にかけました。

 バナナジャム完成2

 10分程の加熱でこの状態になりました。

  
 完成です.

 バナナはむきやすく、切りやすく、火が通りやすく

 とても簡単です。

 バナナジャム瓶

 これで美味しければ言うことありませんが・・・・・・・

 美味しいです。

 今回は入れませんでしたが、確かにバニラビーンズか

 バニラオイルなどを入れるとより一層美味しくなると思います。

 ただトーストにはあまり合わないと思いました。

 どちらかと言うとケーキなどのお菓子の材料に

 使った方がいいかと思います。

 

 そのまま食べてもけっこういけますよ!

 





 

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。